2008年 05月 02日
ソックスレー抽出
f0159159_20443564.jpg

コーヒー豆の香りを抽出してみることにしました。
溶媒はエタノールです。
ソックスレー抽出器のなかにコーヒー豆を入れて下のフラスコにエタノールを入れて加熱しエタノールが循環するのを待ちます。
エタノールの沸点は78℃なので85℃前後で湯煎加熱しました。
ソックスレー抽出器の上にある還流冷却器の性能が心配でしたが正常に動いてくれました。
しかし、問題は突沸が起こりやすいことでした。
ガラス管を通って一気に上にエタノールが噴出し油田の煙突の火みたいになってしまいました。
f0159159_20491188.jpg

そこで改善する点は
1、フラスコを大きいものに変えてみる。
2、加熱する温度を下げてみる。

そのほかの改善点は
1、コーヒー豆を細かく砕いてから使う。
2、ろ紙を使う。
3、エタノールからヘキサンに変更してみる。

などを考えています。

今日は色々と楽しめたので次回も効率のいい方法を探してみたいと思います。
[PR]

by Chlorophyll-a | 2008-05-02 20:52 | 化学


<< 緑茶:ソックスレー抽出器      エタノール抽出 >>