2010年 05月 13日
再起動 -初代の目覚め-
さて、タカスちゃんが居なくなってしまったということで初代が3代目やっちゃいますよ〜(*´д`*)
初代は大学2年生になりました!!
いまでは微生物研究部に所属して活動しています。
それで、ここでまた活動を記録していこうかと思っています。

次の活動は夏になると思うのですが、ご期待ください(:D)| ̄|_
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2010-05-13 15:48 | お知らせ
2009年 06月 01日
炎色反応ロウソクの作成
f0159159_2143026.jpg

f0159159_2145792.jpg
第二期科学同好会発足しました。

今回は炎色反応の実験として、ロウソクの火に色を付ける実験をしました。



試薬など:塩化銅(Ⅱ)、塩化ストロンチウム、ロウ、たこ糸
使用器具:湯せん鍋、空き缶、ガスバーナー、三脚、100mlビーカー、乳鉢、ドライヤー

-操作-
1.ビーカーに塩化銅(Ⅱ)水溶液、塩化ストロンチウム水溶液を作り、たこ糸を浸しました。
2.たこ糸を取り出しドライヤーで乾燥させました。
3.2個の空き缶に砕いたロウをいれ湯せんして融解させました。
4.乳鉢で塩化銅(Ⅱ)、塩化ストロンチウムをすり潰してそれぞれロウを溶かした空き缶にいれ混ぜました。
5.ロウを型に流し込み、乾燥させておいたたこ糸を真ん中に立てて固まるのを待ちました。
6.ライターで完成したロウソクに点火。

-結果-
どちらも糸が上手く燃えてくれず、失敗でした。
ちゃんと乾燥できていなかったようです。少しだけしか炎色反応を見ることが出来ませんでした。
ストロンチウムの方は燃やし始めの時に花火のような火花がでました。
今年度初めての実験で新入会員は初めての実験だったので成功させたかったのですが残念でした。
そのうちまた、挑戦できればと思います。


f0159159_2152873.jpg
f0159159_2154130.jpg


追記

6月中はずっとロウソクを作っていましたが結局成功しませんでした。
最初の実験からの改善点を挙げてみます。

○合成繊維を使用した糸を使ってしまっていたので糸を綿糸に変更。
○各溶液に浸した糸は水を吸う前になるべく早くロウに浸す。
○飽和水溶液を使う。

まだこれからの改善点も幾つか見当たります。
炎色反応ロウソクの実験は夏休みに持ち越します。

↓動画を撮ったのでアップロードしてみました。


by K.takachu
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2009-06-01 21:11 | 化学
2009年 05月 19日
遺伝子組み換え作物農場の見学会
今日は同好会のメンバーを含んだ珍しいメンバーで日本モンサント株式会社さんの試験農場に行ってきました。
ここでは大豆やトウモロコシなどの遺伝子組み換え作物を育てていました。




モンサントさんは除草剤(ランドアップ)を使うことを前提とした作物をつくるために遺伝子組み換えをしてランドアップ耐性をもった遺伝子組み換え作物を作っています。


ここで農薬であるラウンドアップについて説明します。
世界130カ国で20年以上にわたって様々な場面で利用されています。
雑草の葉に散布する茎葉処理型で、ほとんどの雑草を防除できます。
また、土壌中で水や炭酸ガスに分解されます。
なので人や自然に優しいといわれています。
どのように植物を枯らすのかというとラウンドアップ(クルホサート)はシキミ酸合成経路のEPSPS酵素をブロックするためアミノ酸(チロシン・フェニルアラニン・トリプトファン)の合成がされなくなるためタンパク質が合成されなくなります。
そのため耐性を持つ作物にはグルホサート耐性EPSPS酵素を作るRoundup Ready遺伝子が組み込んであります。
それにより雑草のみが枯れることになります。


f0159159_2073643.jpg

↑これが普通にGM大豆の無除草区です。
普通に大豆が雑草と一緒に育っていました。
f0159159_2017347.jpg

↑これがそのラウンドアップ散布区です。
雑草だけが枯れてGM大豆は元気でした。


f0159159_20445687.jpg

これが分かりやすい写真になります。
すべて大豆ですが一番右はGM大豆です。
これにはラウンドアップが散布してあるのですが遺伝子組み換え大豆は耐性によって全く影響を受けていません。




害虫抵抗性作物も育てれられていました。
これも上記の農薬耐性作物のようにタンパク質を作る遺伝子を組み込むのですが、
それに使う遺伝子は枯草菌であるBacillus thuringiensis由来の遺伝子を使っています。
この遺伝子の作る害虫抵抗性タンパク質は特定の害虫に効果を発揮します。
抵抗性を持つことによって殺虫剤の使用量を減らしたりコストの削減になるので環境に優しい農業をできます。
また、害虫によって食べられた箇所にカビなどが生えてしまう場合がありますがそれを防ぐことにもなります。


f0159159_213220.jpg

普通のトウモロコシはこうなっています。
害虫(アワノメイガ)によって枯れている部分があります。
f0159159_214458.jpg

これがアワノメイガによって被害を受けている場所の写真です。
茎の中に幼虫が入り食べられてしまい枯れています。
f0159159_21213937.jpg

f0159159_21222281.jpg

これが中に入っていた幼虫です。
f0159159_20592261.jpg

ここではGMトウモロコシを育てています。
害虫抵抗性があるため全く被害を受けていませんでした。



以上、見学レポートでした。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2009-05-19 00:04 | 生物
2008年 12月 27日
ミクリロソリウム#2
f0159159_1845281.jpg

アクアリム屋で安かったから買ったミクロソリウムは根がなくて葉だけでした。
それで90cm水槽に挿してみたところ子株がいっぱい出てきたので
取り出して空いていた30cm水槽に入れました。
もっと大きくなるまで流遊させておく予定です。
現在は葉が2cmくらいなのでまだ時間がかかりそうです。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-12-27 19:00
2008年 11月 18日
ミクリロソリウム#1
f0159159_19545358.jpg

ミクロソリウム typeⅠ

f0159159_1955214.jpg

ミクロソリウム typeⅡ

f0159159_19544292.jpg

ミクロソリウム typeⅢ

買ってみたら量が多かったので入らない分は学校の水槽の流木に植えつけました。
f0159159_19551235.jpg


自宅の水槽は最初からキャパ足らなくなるのはマズイので1/3くらいにしておきました。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-11-18 21:13 | 生物
2008年 10月 19日
水草採集#2
f0159159_1353898.jpg

今回はおじいちゃんと一緒に湿地の水草採取に行きました。
f0159159_1354650.jpg

採集場所は休耕田でした。
使わなくなって1年目くらいでしたので大型の植物はなく小さい種類ばかりでした。
ここにはウリカワなどが生えていました。
f0159159_136214.jpg

持ち帰った水草はリセットした水槽で育てることにしました。
ウリカワとよく分からない水草が一種類です。

採取した土の中に変な生物が紛れ込んでいました。
f0159159_20193635.jpg

[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-10-19 13:06 | 生物
2008年 10月 16日
レットビーシュリンプ水槽
f0159159_20312041.jpg

レットビーシュリンプの水槽を立ち上げました。
前からやってみたかったので良かったです。
f0159159_20312946.jpg

水槽自体を1ヶ月くらい維持したあと5匹のレットビーシュリンプと1匹のビーシュリンプを飼ってきて入れました。
水あわせも一滴ずつゆっくりやったのですが一ヶ月くらいたった今、半分の3匹になってしまいました。
f0159159_20314012.jpg

この水槽には採取してきて育てていた良く分からない水草を入れました。
名前が分かる方はコメントよろしくお願いします。
f0159159_20315077.jpg

モスが荒れていたのでタイルに巻き付ける事にしました。
左が先生が作ったもので右が僕です。
惨敗でした。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-10-16 20:37 | 生物
2008年 09月 30日
マングローブ#13
f0159159_20515057.jpg

寒さが原因で出来たと思われる被害が出てしまいました。
養分が多すぎたときとは違い透き通っている感じがします。
f0159159_20525100.jpg

そこで一時的にではありますが寒さを防ぐようにしてみました。
テストが終わったらちゃんとしたものを作ろうと思います。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-09-30 21:10 | 生物
2008年 09月 24日
マングローブ育成#12
f0159159_22214214.jpg

ついに頂芽を取り除きました。
側芽も出来てきたので背を低く維持するために取り除く必要があったのです。
マングローブでこれをやった人は知らないので出来るかどうかわかりません。
f0159159_22215320.jpg

これが出来てきた側芽です。
これが大きくなってきたら面白くなります。
f0159159_2222577.jpg

根も大きくなってきました。
水栽培タイプに変更しました。
サンゴの中では管理が行いにくいのでこの方が栽培しやすくなりました。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-09-24 22:27 | 生物
2008年 08月 28日
マングローブ育成#11
f0159159_22342433.jpg

太陽の方向に向かって伸びていくのでだんだんと窓側へ曲がってきてました。
それでは良くないので照明を反対側に吊り下げてまっすぐにしてみようと思って、やってみたら3時間くらいで真っ直ぐになりました。

新しい芽も大きくなってきて、また新しい芽が出てきました。
これからの季節はどんどん日照時間が減ってくるので成長は遅くなりそうです。
栄養も減らしていくことにしました。
日照時間を補充するために蛍光灯を使うのも出来ますが、急いでいるわけではないので悪天候のとき以外は控えておこうと思います。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-28 22:45 | 生物
2008年 08月 27日
アクアリウム#4
f0159159_2326030.jpg

今日、ベタ♀が卵を自分で食べ始めました。
最悪な事態が発生しました。
オスは巣を作るのをやめたしもう終わってしまったようです。

今回は失敗ってことで終わりにします。
暇になったら情報収集してチャレンジしてみたいと思います。
それまではベタの瓶詰めでも眺めます。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-27 23:29 | 生物
2008年 08月 26日
アクアリウム#3
f0159159_19493926.jpg

最初から一緒にすると片方が死んでしまうこともあるので気をつけていたので
今のところメスがオスの攻撃を受けないように仕切っていましたが、大丈夫なようなので今日から一緒に飼うことにしました。
f0159159_19512052.jpg

全然おとなしくケガとかしなさそうなのでそのままにしてみました。
ここで仲良くしてくれて良かったです。
f0159159_19531394.jpg

そしたらオスが泡を出し始めました。
泡巣を作っているんだろうと思ったので底面ろ過のためのエアレーションを弱くしてウキクサで波を打ち消して泡が壊れないようにしてみました。
f0159159_1959670.jpg

これで泡が壊れなくなったと思います。
ウキクサは思ったより消波作用があるようです。
f0159159_200032.jpg

泡を作るのを助けるため照明をつけてみました。
これでゆっくり泡をつくれると思います。
それとマングローブの光合成を多くすることにもなると思います。
電球ソケットを探し出したら白熱灯の付いたのが出てきたので蛍光灯に変えました。
それを使っていなかった三脚から吊るして使ってみました。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-26 20:03 | 生物
2008年 08月 24日
マングローブ育成#10+アクアリウム#2
f0159159_13422694.jpg

f0159159_13421284.jpg

マングローブ水槽にショーベタを入れてみました。
種類は忘れました。
ヒレのボロボロな感じが気に入っています。
名前でも付けようかと思っています。
f0159159_13424098.jpg

他にも水草を買ってきて入れてみました。
一束買ったのですが植えてみると半面が占領されてしまいました。
f0159159_13425326.jpg

気温も低くなってきたのでヒーターも入れました。
これで大丈夫だと思うのですがマングローブの葉の方は温まらないので
f0159159_1343570.jpg

ツガイで飼ってきたのですが仕切りをしなければならないようなので使っていなかった水槽の上蓋を使ってみました。
これで慣れるのを待つようです。
色々なサイトを見て勉強中です。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-24 14:14 | 生物
2008年 08月 20日
マングローブ育成#9+アクアリウム#1
f0159159_209119.jpg

水槽にマングローブが孤独に生えていたので、仲間としてウキクサを入れてみました。
学校の水槽に入れていたものが増えたので家に持ってきたのですが
家でもすぐに増えて底が見えなくなりそうです。
f0159159_2092122.jpg

ウキクサについてカイが付いてきたのでそのまま入れてみました。
掃除をしてくれそうなので良かったです。
入れた種類はサカマキガイとヒラマキミズマイマイです。
両方ともタフな種類なので安心して使えそうです。
f0159159_2010648.jpg

水中から見てみるとウキクサのアントシアニン?で赤く染まっています。

ろ過装置の中に細かいサンゴが入ってしまうので布を挟ませてみてます。

今後の活動:
新しい芽ができてきたので定点定時撮影をしてみる。
プランクトンの増え具合を見る。


[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-20 20:18 | 生物
2008年 08月 15日
マングローブ育成#8
f0159159_2118573.jpg

水槽に敷いてあるサンゴが緑になってばかりなので底面ろ過を始めることにしました。
そこで根を傷つけないために水流で根を掘っていくと思ったよりも根が広がっていました。
ほとんどが最近のびてきたものだと思います。
f0159159_2128343.jpg

底面ろ過は水嵩が少なくても大丈夫なようなものを選びました。
これでもっと水槽の状態がよくなると思います。

今後の活動:
マングローブだけだと寂しいので何か他のエビとか熱帯魚とか入れたくなっていました。
なのでそういったものを探していこうと思います。
あと、ミネラルを買ってこようと思います。
[PR]

# by Chlorophyll-a | 2008-08-15 21:31 | 生物